Iphonexbunner big

Apple、iOS版「iPhoto」でOpenStreetMapを採用

ITMediaによると、Appleが先日発表したiOS版「iPhoto」は、非営利のオンライン地図プロジェクトOpenStreetMapの地図データを採用したと伝えています。

Yu map2
Photo by ITMedia

Mac版「iPhoto」では地図は「Google マップ」を使っているが、iOS版の地図には、2004年にスタートした“地図のためのWikipedia”と呼ばれるオープンなプロジェクトのOpenStreetMapが使われているそうです。

今のところAppleが使ってるデータはやや古いデータで必要なライセンス手続きもとられていないないそうです。今後OSM Foundationはこの問題について、Appleと協力して解決したいとしていそうです。

上の画像の地図を見てもなんだか古そうですよね。とにかく急にGoogle マップを使用しなくなっている事に驚きですね。Appleは今後Google マップを使用しない方向になっていくのでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA