Appleが2011年第4四半期の決算発表。

Appleが、現地時間の10月18日に2011年第4四半期(7〜9月期)の決算を発表し、売上高が前年同期比39%増の282億7000万ドル、純利益は54%増の66億2300万ドルだったと発表しています。(Souce : ITmedia) 個別の販売台数と売上高は、 iPhone:前年同期比21%増の1707万台、売上高109億8000万ドル。 iPad:前年同期比166%増の1112万台、売上高68億6800万ドル。 Mac:前年同期比26%増の489万台、売上高62億7200万ドル。 iPod:前年同期比27%減の662万台、売上高11億300万ドル。 地域ごとの売上高は、 アメリカ:前年同期比34%増の96億4800万ドル。 ヨーロッパ:前年同期比36%増の73億9700万ドル 日本:前年同期比21%減の11億1100万ドル。 アジア太平洋地域:前年同期比139%増の65億3000万ドル。 日本の売上高減少は、「iPhone」の買い控えだと、ピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)は述べたそうです。 その他、「Mac OS Lion」が600万ダウンロード。iTunes Storeの売り上げが過去最高の15億ドルで、楽曲は160億曲、TV番組は6億5000万本ダウンロード、iBookstoreでは1億8000万冊が売れたと報告しています。 10〜12月期の見通しについて、売上高を約370億ドル、1株当たり純利益を9.30ドルほどと予測しているとのことです。 この10月〜12月期の決算には、「iPhone 4S」の数字が入ってくるので、過去最高の売上高を記録するのは間違いなさそうです。さらに世界で何万台「iPhone 4S」が売れたかにも注目したいですね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)