今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、「iOS 8.1.1 beta」でヘルスケアアプリの血糖値表示を一時的に削除

Ios8icon

先ほどの記事で、Appleがデベロッパー向けに「iOS 8.1.1 beta」をリリースしたことをお伝えしましたが、9to5Macによると、「iOS 8.1.1 beta」のヘルスケアアプリで血糖値表示を一時的に削除していると伝えています。

スポンサードリンク

この血糖値表示を削除については、以前にAppleはサポートドキュメント「Blood glucose measurements and the Health app」を公開しています。

Helscaareapp

これによると、血糖値の単位は「mg/dL」と「mmol/L」の2つの単位が存在していて、国によって使っている単位が違うという状況になっているようです。

ヘルスケアアプリでは2つとも対応しているのですが、手動で入力する際には「mg/dL」しか選択ができない状態になっていて、「mmol/L」を使っている国では混乱が生じる可能性があるためにソフトウェア・アップデートで一時的にこの表示を削除することを案内していました。

Appleは両方を使えるようにアップデートを進めていて、アップデートが完了次第この表示は復活するようで、データも削除されず、サードパーティ製のアプリでは今までどおり血糖値データを記録するHealthKit APIを使い続けることができるそうです。

なお、日本で使われている血糖値の単位は「mg/dL」となっていますが、「iOS 8.1.1」では血糖値の表示は一時的に削除されることになると思います。

関連記事
Apple、デベロッパー向けに「iOS 8.1.1 beta」をリリース

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)