今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、OS X Yosemite用にデザインされた「iTunes 12.0.1」リリース

Itunes12

Appleは、OS X Yosemite用にデザインされた「iTunes 12.0.1」をリリースしています。

スポンサードリンク

iTunes 12.0.1」は、システム要件が「OS X 10.7.5 以降」となっていて「OS X Snow Leopard」がサポートから外れています。

iTunes 12.0.1」の新機能は以下のとおりになっています。

OS X Yosemite 用のデザイン。洗練さをさらに追求しました。奥行き感のある半透明のデザインになり、ツールバーはコンテンツにアクセスしやすいようにスリム化され、ライブラリ内のアルバムをブラウズする際には、より洗練された色やテクスチャが使用されます。

ファミリー共有。iTunes、iBooks、および App Store で購入した項目を、アカウントやパスワードを共有しなくても、最大 6 人までの家族と共有することができます。共有を開始するには、OS X Yosemite の“システム環境設定”または iOS 8 の“設定”で“iCloud”を選択して、iCloud ファミリーを設定してください。

お気に入りのすべてのメディアにすばやくアクセス。ミュージック、ムービー、そしてテレビ番組専用のアイコンが組み込まれたので、 1 回クリックするだけでライブラリ内を簡単に移動できるようになりました。

Store とライブラリ間のシームレスなブラウズ。iTunes Store がライブラリのミュージック、ムービー、そしてテレビ番組に組み込まれたので、個人のコレクションと Store 内の各カテゴリの最新情報との間を簡単に移動できるようになりました。

最近追加した項目。最近追加したアルバム、ムービー、またはテレビ番組がライブラリの一番上に表示され、新しく再生する項目を簡単に見つけられるようになりました。

プレイリスト編集機能の改善。ミュージックライブラリ全体とプレイリストを並べて表示でき、簡単にミュージックをブラウズしたりお気に入りの曲をプレイリスト内にドラッグできるようになりました。

改善された“情報を見る”。まったく新しい“情報を見る”は、選択した項目の中の必要な情報のみに注目できるようにデザインが一新されています。

なお、Windwos版「iTunes 12.0.1 for Windows (64-bit)」もリリースされています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)