今日の人気記事

スポンサードリンク

「iOS 8」のシェアが前回の調査から横ばいの47%に留まる

Ios8share

9to5Macによると、Appleはデベロッパー向けのサイトで公開しているiOSデバイスのバージョン別シェアを更新していて、前回の調査から横ばいの47%に留まっていると伝えています。

スポンサードリンク

このデータは、2014年10月5日までの7日間の期間中にApp Storeで測定された数値となっていて、「iOS 8」が47%、「iOS 7」が47%、それ以前のバージョンが6%」ということになっているようです。

前回は、2014年9月21日までの7日間で「iOS 8」が46%だったので、2週間経過したあとでも1%しか増えておらずほぼ横ばいという結果になっているようです。

「iOS 8」へのアップデートが進まない

前回の調査は「iOS 8」がリリースされて4日後の状態だったので、その時点では非常に早いスピードでアップデートが行われていると考えられていましたが、ここにきてアップデート率が止まってきているようです。

理由については様々あると思いますが、やはりバグの多さなども一つの要因なのかもしれませんね。またOTAでアップデートする場合は内蔵のストレージが多く必要になるので、それでアップデートできない人もいるのかもしれません。

関連記事
「iOS 8」のバージョン別シェアがはやくも46%に達する

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)