「iPhone 4S」開封と「iPhone 4」との外観比較

先ほどの記事で「iPhone 4S」購入レポートを書きましたが、今度は実際に「iPhone 4S」開封から「iPhone 4」との外観の違いを見ていきたいと思います。
iphono4s-1
実際は本体購入の時にアクティベーションのために一度開封してしまっているのですが、そこは目をつむってください。
箱を開けると、「iPhone 4S」が登場します。64GBのWhiteです。
箱の中身はお馴染みのセットです。
中に入ってるのは、以上です。いつもながら無駄なものがなくていいですね。 それでは、「iPhone 4S」と「iPhone 4」外観チェックです。
上が「iPhone 4S」で下が「iPhone 4」です。やはり、ミュートスイッチの位置がずれています。そしてアンテナの溝もかわっていますね。
iphono4s-7
写真が少し斜めですいません。アンテナの溝の位置とミュートスイッチ以外は全く変わりません。
ミュートスイッチの位置が変わってしまったため、以前のBumperは装着出来ません。 最後に液晶を見比べてみようと思います。
iphono4s-11
左が「iPhone 4」、右が「iPhone 4S」。かなり黄色い…。ちょっとガッカリ…そのうち馴染んでくるんでしょうかね。 この記事を書いている時も「iPhone 4S」は電話として機能していません。ソフトバンク側の手続きが終わっていないようで、今日はもうダメっぽいです…。明日の朝には開通しているといいのですが…。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)