今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、北米販売担当ヴァイスプレジデントZane Rowe氏も退職

20120416 zanerow

WSJによると、Appleの北米販売担当ヴァイスプレジデントのZane Rowe氏が退職し、日本と韓国の販売を統括するDoug Beck氏が北米も担当することになったと伝えています。

スポンサードリンク

先ほどの記事で、20年近くAppleの広報として活躍していたKatie Cotton氏が退職することをお伝えしたばかりですが、北米販売担当ヴァイスプレジデントのZane Rowe氏も退職が確認されたそうです。

Appleの広報担当のKristin Huguet氏は、「Doug Beckは、日本と韓国でAppleのビジネスを成長させるためにすばらしい仕事をしていて、彼の役割に北米の販売も含まれるようになっている」とコメントしているそうです。

なお、Zane Rowe氏は、2年前にUnited Continental HoldingsからAppleに転職してきた人物で、今回なぜ退職するのかについてはわかっておらず、Zane Rowe氏とKristin Huguet氏にコメントを求めたが返答はないとのことです。

AppleがZane Rowe氏についてコメントをしてないとなると、円満退社ではなかった可能性がありますが、背景にはどういったことがあるのでしょうか。

(via 9to5Mac)

関連記事
Apple、ワールドワイドコーポレートコミュニケーション担当ヴァイスプレジデントKatie Cotton氏が退職へ

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)