「iPhone 4S」の部品コスト

AppleInsiderによると、ドイツ銀行アナリストのChris Whitmore氏によると「iPhone 4S」の部品のコストは、16GBで170ドル、32GBが220ドル、新しい「iPhone 4 8GB」は140ドルを実現するとしています。 これは「iPhone 4S」の製造マージンが71%~73%になるとしていて、Appleにとって魅力的な利益率となるとしています。 さらに、「iPhone 4S」にはキャリアパートナーから多くの補助金が出されているとしていて、他の競合デバイスでは350ドル未満なのに対して、「iPhone 4S 16GB」は450ドルと推定されているそうです。 先ほど「iPhone 4S」の初日の予約が100万台を突破したという記事を書きましたが、Appleは次の四半期もかなりの売上を計上することになりそうですね。
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)