今日の人気記事

スポンサードリンク

2013年ブラックフライデーセール、モバイルからの売り上げが増加、iOSデバイスからの注文は平均127.92ドルに

Iosvsandroid
Photo by IBM

 
CNET Japanは、IBMが2013年の感謝祭の週末を対象にした報告書によると、モバイルからの売り上げがオンライン全体の21.8%を占めたとしていて、これは前年比で約43%増加だと伝えています。

スポンサードリンク

この調査によると、スマートフォンがオンライントラフィック全体の24.9%を占め、タブレットは14.2%だったものの、購入段階になると、タブレットユーザーがスマートフォンを利用するユーザーより2倍となっているようです。

モバイルOS別にみると、iOSユーザーの平均注文価格は127.92ドルとなっていて、Androidユーザーの105.20ドルを上回っているそうです。

オンライントラフィック全体に占める割合は、iOSが28.2%に対してAndroid11.4%、オンライン売り上げ全体に占めるiOSの割合は18.1%に対してAndroidは3.5%だったとしています。

これはなかなか面白いデータですね。モバイルデバイスの割合が年々増加していて、売り上げの2割を超えてきているようで、iOSデバイスがかなりそこに貢献しているようです。

また、買い物を実際するとなるとスマートフォンよりタブレットデバイスで購入する人が多いというのはやはり商品画像が大きく見えるなど、購買意欲が高まるということがあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)