今日の人気記事

スポンサードリンク

KDDI田中社長、ドコモのiPhone参入にも「大きな変化なし」、「iPhone 5c」も売れ出していると語る

Iphone5siphone5c mini

 
ITMediaによると、KDDIの田中社長は、10月28日の決算会見でNTTドコモがiPhone販売に参入した影響について、「幸いにも今日時点で大きな変化はない」と語ったと伝えています。

スポンサードリンク

9月のMNPは11万800件の転入超過だったが、これは「でき過ぎ」と語り、10月は「それなり、まあまあだった」と述べているそうです。

ただ、今後について「iPhoneの需給が好転し、ドコモのiPhone取扱店も増えていく。今後どうなるかはまだ分からない」とも述べているそうです。

また、「iPhone 5c」については「売れ出して来ており、好転の兆しがある」と語り以下のように述べているそうです。

当初は“廉価版”と言われたため、安物は嫌だ、と敬遠されたのかもしれないが、(5sと)中身はあまり変わらない。カラーバリエーションもいいのでは

なお、ITMediaの別の記事によると、店頭契約における「オプションの説明問題」について、オプション契約はユーザーが選択するものあって、契約の必須条件にするのは許されないという考えを示し、改善の徹底を店頭に指示していると説明したそうです。

もちろん数字が出てきてみないと判断できない部分はありますが、ソフトバンクもKDDIもドコモがiPhoneを取り扱ったことに対する影響はそんなに大きく出てきてない雰囲気です。

ドコモはまだiPhone向けのサービスが不完全であったりということもあるのかもしれませんが、やはり先行して発売する2社から大きくユーザーを獲得するというのは今のところ難しいのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)