今日の人気記事

スポンサードリンク

米通商代表部、Apple製品の販売禁止命令をしたICTの決定を拒否

日本経済新聞によると、米通商代表部は、サムスンの特許侵害を理由にAppleの一部製品のアメリカへの輸入と販売を禁止した米国際貿易委員会(ICT)の命令を拒否すると発表したと伝えています。

Apple logo

 

スポンサードリンク

命令を覆す理由について、フロマン通商代表は「アメリカにおける販売競争や米消費者への影響を考慮した」と述べていて、ITCによる輸入、販売の禁止命令が覆されるのは1987年以来、26年ぶりだとしています。

米司法省は、標準特許を盾に取る争いを特許権の乱用とする見方を強めており、今回の命令拒否はこうした方針にそっているとしています。

なお、今回禁止の対象になっていたのは、「iPhone 4」や「iPad 2」などの旧製品で、AT&T向けのモデルだったとしています。

アメリカ政府自体が決定を拒否する可能性は指摘されていましたが、今後この決定は他の特許訴訟で影響がでてくるのでしょうか。

関連記事
ITC、Appleによるサムスンの特許侵害を認定、AT&T版iPhone 4などの輸入差し止め

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)