今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、電子書籍の価格問題で独占禁止法違反と判断される

47NEWSBloombergによると、Appleが電子書籍の販売で構成は競争を阻害したとして、米司法省が独占禁止法(反トラスト法)違反で訴えていた裁判で、連邦地裁はAppleが同法に違反したとの判断を示したと伝えています。

Apple logo

 

スポンサードリンク

判事は潜在的な損害についての裁判を命じていて、米メディアによるとAppleは上訴する方針とのことです。

この裁判は米司法省が電子書籍の価格をつり上げることを目的に共謀したとしてAppleと出版社5社を訴えていました。

最初に訴えられた出版社5社のうち3社が和解、残り2社とAppleは法廷で争う予定でしたが、その2社も和解していて、Appleのみが法廷で戦っていましたが、今回の判断はAppleの敗訴となったようです。

関連記事
アメリカの電子書籍の独占禁止法違反訴訟、和解に応じていないのはAppleのみに
Apple、反トラスト法違反で訴えられたことについてコメントを発表
アメリカ司法省、電子書籍の価格を巡る反トラスト法違反の疑いでAppleや出版社を提訴

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)