今日の人気記事

スポンサードリンク

「WWDC 2013」の会場内や会場周辺に掲載されているバナーの数々

先日の記事で、Appleが現地時間6月10日から開催する「WWDC 2013」の会場Moscone Centerで、準備が始まっていることをお伝えしましたが、Macstoriesに、会場の中や周辺の様子が撮影された写真が掲載されています。

Wwdc2013 01
Photo by Macstories

 

スポンサードリンク

こちらはMoscone Centerの外観ですが、巨大な白いAppleのロゴが出現しています。

Wwdc2013 02
Photo by Macstories

 
会場入り口には「WWDC MMXIII」と書かれているようです。

Wwdc2013 03
Photo by Macstories

 
縦のバナーもあり、「WWDC 2013」のロゴがモチーフになったものになっていますね。

Wwdc2013 04
Photo by Macstories

 
会場内には、白い幕に覆われた巨大なバナーがあります。発表後に明らかになると思いますが、一体何が隠れているでしょうか??

Wwdc2013 05
Photo by Macstories

 
会場外に「WWDC 2013」のロゴがありますが、半透明になったアイコンが重なっていたということだったんですね。やはりフラットデザインを意識した感じということでしょうか。

日本時間の6月11日午前2時には、「WWDC 2013」のオープニングを飾る基調講演が行われ、「iOS 7」や「OS X 10.9」、次期「MacBook Air」などの発表が噂されていますが、どんな驚きがあるか今から楽しみですね。

なお、Macstoriesには、他にもいくつかの写真が掲載されていますので、是非どうぞ!

関連記事
「WWDC 2013」のバナーに書かれているキャッチフレーズは「Where a whole new world is developing」
「WWDC 2013」の会場で準備が始まり、バナーが掲載される

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)