今日の人気記事

スポンサードリンク

2012年度通期国内タブレットデバイス出荷台数シェアでAppleがメーカー別・OS別で3年連続首位

MM総研は、2012年度通期(12年4月~13年3月)の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表していて、出荷台数は前年度比104.4%増の568万台、Appleがメーカー別・OS別で3年連続首位を獲得しています。

1369292869 1
Photo by MM総研

 

スポンサードリンク

Appleは298万台を出荷し、メーカー別のシェアでは52.5%を獲得、2位は富士通で47.9万台を出荷し8.4%、3位はASUSが7万台で8.3%、4位にAmazonが34万台で6.0%のそれぞれシェアを獲得しています。

OS別に見ると「iOS」が298万台で52.5%、Androidが241万台で42.4%、その他が29万台で5.1%になっているとのことです。

なお、iOSのシェアは2012年下期にシェア50%を下回ったが、通期では52.5%で過半数を維持したとしています。

市場全体では、8インチ未満のWi-Fiモバイルタブレットが急成長しているとのことですが、特にシェアなどを考えても「iPad mini」の影響力は強烈だったのではないでしょうか。

先日発表された国内携帯電話端末の出荷台数調査結果でもAppleは2012年通期で首位を獲得していますが、タブレットではさらに大きなシェアを獲得していますね。

それにしても日本ではAppleは強いですね〜。

関連記事
MM総研:2012年度通期国内携帯電話端末出荷台数、Appleが初の首位を獲得と発表

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)