今日の人気記事

スポンサードリンク

ソフトバンクテレコム、JR東日本にiPad miniを7,000台納入、運転士・車掌に本格導入へ

ソフトバンクテレコムは、JR東日本にiPad mini(Wi-Fi + Cellularモデル)を7,000台納入すると発表しています。

Ipadmini icon

 

スポンサードリンク

JR東日本では、輸送障害時の迅速な対応や案内などのサービス向上のために、乗務員(運転士・車掌)を対象に、iPad miniを本格的に導入することになったとのことです。

これにより、列車の遅延などで乗務員の担当列車が変更になる場合に、乗務員が携行するiPad miniに新たな列車の時刻表を直接送付することで情報が即時に共有でき、ダイヤ回復にかかる時間の短縮を図ることができるようになるとのことです。

なお、ソフトバンクテレコムはJR東日本に対して、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新・管理作業の軽減を図るほか、各種コンテンツやアプリケーションを活用した新たなサービスの提供していくとのことです。

常時携行するという意味ではiPad miniは非常にいいデバイスですよね。これで電車の遅れなどの回復が早まるようになるのであれば、利用者側にも大きなメリットがありそうですね。

iPad miniやiPadなどのタブレットデバイスはもっともっと事業者に導入されてもよさそうですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)