AppleのCFO Peter Oppenheimer氏、Appleの日本での成功例を紹介

CNET Newsによると、AppleのCFO Peter Oppenheimer氏は、2013年第2四半期(1~3月期)の決算発表で、日本での成功例を紹介したと伝えています。

Applestore ginza
 
Peter Oppenheimer氏は、IDC発表したレポートを引用し、日本での携帯電話シェアでAppleが2012年第4四半期だけでなく、2012年全体のでNo.1になったことを紹介しています。

これについて「日本において国外のメーカーがNo.1になったのは初めてだ」と語り、「日経が発表した"ブランド・ジャパン2013"でも2年連続で1位となった。これは国外の企業では前例のないことだ」と述べたとしています。

決算発表の場でここまで日本に触れることはなかなかめずらしいですよね。日本では今まで国内の企業が携帯電話市場では強く、外国からは"アンタッチャブル”だった市場をAppleが変えたことを強調したかったようです。

関連記事
2012年全体の国内携帯電話出荷台数シェアで、Appleが初の首位に
「ブランド・ジャパン2013」、消費者による評価でAppleが2年連続1位
Apple、App Storeの総ダウンロード数が450億回を突破と発表、その他の様々数字も明らかに
Tim Cook CEO、今後の新製品や「iPhone」のディスプレイサイズなどについて語るApple、2015年末までに合計1,000億ドルを株主に還元すると発表Apple、iCloudユーザーが3億を超えたことを発表Apple、2013年第2四半期(1~3月期)の決算を発表

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)