Apple、MacがPC市場の営業利益の45%を占める

japan.internet.comは、Asymcoが発表した2012年第4四半期のPC販売データに関する分析結果によると、Windows PCが過去20年で最悪の落ち込みを見せるなか、AppleのMacがPC市場の営業利益の45%を占めていると伝えています。

Asymcomac
 
調査会社の公表した2012年第4四半期のデータをベースに、Windows PCベンダーとApple Macの営業利益を比較すると、Windows PCベンダー上位5社(Dell、HP、Lenovo、Asus、Acer)の営業利益を合計しても、Apple Macによる営業利益に届かないことを明らかにしたとしています。

また、データが公開されていない、上位5社以外のPCベンダーの利益率も余り変わらないと想定すると、Appleの営業利益は、PC市場全体の営業利益の45%を独占しているという結果を導き出したとしています。

販売台数ではなく営業利益というところがこのデータのポイントだと思いますが、他のPCベンダーの利益率にくらべAppleのMacの利益率が相当高いことがうかがえますね。

販売台数はWindowsもMacも減少しているようですが、利益率が低いとなると、今後消耗戦になっ他と気にPCベンダーとしてはかなり厳しくなってくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)