3月のモバイルブラウザシェアでAppleの「Safari」が61%で首位を維持

CNET Japanは、Net Applicationsによると、Appleの「iOS」向けブラウザである「Safari」は2013年3月のモバイルブラウザのウェブトラフィック全体の61.79%を占め首位になったと伝えています。

Netmarketshare201303
 
「Safari」は2月に記録したシェアが55.41%だったことから、かなり増加しているとしています。なお、2位にはシェア21.86%の「Android」標準ブラウザ、3位は8.4%の「Opera Mini」だったとしています。

前月より「Safari」のシェアが6%ほど上昇しているということで、相変わらずモバイルブラウザのシェアでは圧倒的なシェアを維持しているようですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)