Iphonexbunner big

Apple、「iOS 6.1」のExchangeのバグについて今後のアップデートで修正と明らかに

AppleInsiderによると、「iOS 6.1」でのExchangeのバグについて、Appleはサポートページを公開していて、このバグの修正が確認でき、今後のアップデートで利用可能になると明らかにしたと伝えています。

Microsoftexchange
 
このバグはMicrosoftによると、「OS 6.1」デバイスを使用して、ユーザーのメールボックスを同期した時に、Microsoft Exchange Server 2010 クライアントアクセスサーバー (CAS)とメールボックス (MBX) のサーバーリソースが消費サーバーリソースが消費され、ログの増加が過剰になり、メモリ、CPU使用率が大幅に上がってしまうとされていました。

Microsoftは、サポートページで回避策を案内すると同時にAppleと調査しているとしていましたが、どうやら解決策が見つかったようで、次回のアップデートでこの問題が解決するそうです。

なお、Appleはアップデートが提供されるまでの回避策を以下のように案内しています。

1. 設定アプリから「メール/連絡先/カレンダー」を選択
2. Exchangeのアカウントを選択
3. カレンダーのスイッチをOFFに
4. 10秒待ちます
5. カレンダーのスイッチをONに戻す。

関連記事
「iOS 6.1」でのExchangeのバグの回避策をMicrosoftが公開

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA