「iPhone 5」のバッテリー寿命を検証したデータが公開される

MacRumorsは、iLoungeが「iPhone 5」のバッテリー寿命について検証したデータを公開していると伝えています。

Iphone5batterytesting
Photo by MacRumors

このグラフは、青い棒がAppleの公開した数字、緑が実験の結果の数字のようで、iLoungeは、3G/LTEデータ通信、Wi-Fiデータ通信、音声通話、FaceTimeの通話、ビデオ録画など様々な状況下でテストを行ったそうです。

3GやLTEでの通信の時は、アンテナが(4〜5本)で安定した場合は公称値に近づくかもしれないが、電波が弱い場合はそれには及ばないとしています。さらに、LTEは、アンテナの数が少ない状態であり多くのLTEユーザーが約束された数字には達していないとしています。

FaceTimeでの通話時間は、「iPhone 4S」が3時間15分だったのに対し、「iPhone 5」では3時間2分となっていて、10分ほど短くなっているとしています。

1080pでのムービー撮影は、「iPhone 4S」が2時間20分だったのに対し、「iPhone 5」は2時間30分と少し伸び、ムービーの再生は「iPhoen 5」11時間7分まで可能だったとしています。

充電時間は、バッテリーが空の状態から「iPhone 5」を充電すると2時間17分でフル充電となったそうです。

Appleは、「iPhone 5」でパワフルなCPUを積みながらもバッテリーが持つことをアピールしていましたが、やはり環境によってそのバッテリー寿命が大きく変わるようですね。

特にLTEについては、エリアがまだまだのため電波を探しにいくためにバッテリーを消費してしまうようです。バッテリー寿命を気にする場合は、LTEをオフにするという選択肢もありかもしれないですね。

ちなみに、au版はLTEのネットワークをチューニングしてバッテリーが減らないように工夫されているそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)