Iphonexbunner big

ソフトバンク、「スマホ下取りプログラム」の下取り方法を変更

週アス+によると、「iPhone 5」発売と同時にソフトバンクが実施している『スマホ下取りプログラム』の下取り方法が少々変更になったと伝えています。

Sumahositadori
 
従来の方法は、ソフトバンクショップなどの店頭で下取りの端末を受け渡しだったのが、変更後は以下のようになるそうです。
・ソフトバンクショップなどの店頭で、iPhone 5などの購入時に店員から専用の封筒を受け取る
 ↓
・ユーザー自身がソフトバンクテレコムへ着払いで古い端末を送付する
この変更は買い取りを古物商許可証をもつ関連会社のソフトバンクテレコムが行なうようになったためのものだとしています。

なお、すでに下取りプログラムに出した場合の毎月の割り引き実施は以下のとおりだそうです。
・割り引き開始はだいたい2ヵ月後
・割り引き開始はSMSで通知
・もし端末の査定で下取りプログラムを適用できないと判断された場合は本体を返却
ソフトバンクモバイルは、古物商の許可を受けていないことから下取りサービスが古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがあるとして、警視庁が指導をしていると伝えられていました。

今回の変更はそれに対応するために、古物商許可証を持つソフトバンクテレコムがこの下取りを実施するという形をとるようですね。とりあえず早めに対応がまとまったようでなによりです。

関連記事
ソフトバンクの「iPhone」下取りに警視庁がサービスの中止を求める指導

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA