Apple、ドイツでタッチスクリーン関連特許裁判でサムスンに敗訴

CNET Japanによると、ドイツのマンハイム地方裁判所は、モバイル端末のタッチスクリーン機能に関してAppleが保有する特許1件をサムスンは侵害していないとの判断を下したと伝えています。

Apple samsung logos 500x137
 
これを最初に報じたのはThe Korea Timesで、問題の特許はタッチスクリーンが指による入力を解釈する方法に関するものだそうです。

サムスンは今回の判断について「ドイツの消費者の生活を向上させる製品をさらに開発して投入し続ける」という声明をだしているそうです。

また、今回の判決ではタッチスクリーン技術をめぐりAppleが起こした訴訟で同じく被告とされたMotorola Mobilityも、Appleの特許を侵害していないという判断が示されているそうです。

Appleとサムスンの特許裁判は世界各国で行われていて、国ごとに異なった判断が下っていますね。それもまた興味深い感じがします。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)