ジョナサン・アイブ氏、「ライカM」の限定版をデザインへ

9to5Macは、Petapixelによると、Appleのインダストリアルデザイナー担当上級副社長ジョナサン・アイブ氏が、「ライカM」の限定版をデザインすることになったと伝えています。

Leica m jony ive
 
ライカが昨晩行った新しい「ライカM」発表のスペシャルイベントにおいて、オーナーであるDr. Andreas Kaufmann氏が、ジョナサン・アイブ氏が「ライカM」の限定版をデザインすることを明らかにしたそうです。

このカメラは1台だけ作られるとしていて、その他のことについては明らかにされていないそうですが、競売にかけられ、その収益は慈善団体に寄付されるとのことです。

これはすごい計画ですね・・・。たった1台つくられそれが競売にかけられるそうですが、相当高額で落札されることが予想されれますね。ジョナサン・アイブ氏がライカをデザインするとどうなるのかものすごい興味がありますね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)