Appleとサムスンの裁判の評決についてGoogleが声明を発表

CNET Japanによると、Appleとサムスンの裁判の評決を受けて、サムスン製端末に「Android」を提供するGoogleが、今回対象となっている特許のほとんどは「Android OSの中核部とは関係ない」という声明を発表したと伝えています。

Android jellybean1 1
 
この声明はThe Vergeに対して出されたものだそうで、以下のように控訴審について指摘をしているそうです。
控訴裁判所は、特許請求項の侵害と有効性の両方を再審理するだろう。それらのほとんどは中核のAndroid OSに関係なく、一部は米国特許庁で再審査されている。モバイル業界は目まぐるしく変化しており、新規参入企業を含む、この業界に携わるすべての企業が何十年も前から存在する概念を基盤としている。われわれはパートナーと連携して、消費者に革新的で手ごろな価格の製品を提供しており、その活動を制限するいかなるものも望まない

Googleはこれまでこの裁判について、直接的な関与もせずサムスンを静かに支援していたようですが、一応のコメントを発表したようです。ただ、スタンスとしてはあくまでもこの問題はAppleとサムスンの問題で、「Android」には関係ないとする一歩下がった形といったところでしょうかね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)