Apple、「SMS」の脆弱性についてコメントを発表

engadgetによると、ハッカーのpod2g氏が、「iOS」のSMS機能に脆弱性があることを明らかにした問題で、Appleがコメントを発表していると伝えています。

Smsicon
 
Appleは以下のように語っているそうです。
Appleはセキュリティについて非常に真剣に取り組んでいます。SMSの代わりにiMessageを使う場合、アドレスをなりすまして攻撃されることを保護することが出来ます。SMSの制限の一つは、メッセージすべてが携帯電話に偽装されたアドレスで送信することができるので、我々は、SMS上の未知のWebサイトやアドレスがある場合は、お客様が非常に慎重に扱うことを強くおすすめします。

やはり、SMSの仕様上の問題という側面が大きいようですね。iMessage同士のやり取りであればこういったなりすましは起こらないようですが、特にアメリカではSMSでのやり取りが多いためこういった点では特に注意が必要なようです。

関連記事
iPhoneのSMS機能に脆弱性が見つかる!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)